読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過剰な期待

昨今の通信規制問題や通信の最適化問題に共通するところの根本

 

通信キャリア・・・客にサービスを過剰によく見せようとしすぎ

客・・・自分に都合よく解釈しすぎ

なのかな、と思う。

 

たぶん無線通信の技術に詳しい人であれば、利用者全員が150Mbpsや300Mbpsやらで
使い放題することなんて、周波数帯域的にできないことなんて自明の理のはず。あくまで最大通信速度は通信規格上の理論値であって、それがバンバン出ることのほうが稀であることをもう少し周知できないもんかね。

使いすぎるユーザーに対して何らかの制裁処置がなければ、無線ネットワークが正常に機能しない。当然、どのように制裁をするかはキャリアの自由だが、自由にしすぎな感じは否めない。

一方、客も、無線ネットワークを過信しすぎ。そして資源は無限のものでお金を払えば自由に使えるんだ、的な妄想を抱きすぎ。そんなに高画質の動画を見たければ、相応の金額を払って無線周波数を食いつぶさない有線回線で通信すればいい。

 

たぶん最終結論は、

通信キャリア・・・規制をかけないサービスはできません、というギブアップ宣言をする。もしくは、無制限プラン月額5万円とかをつくる

客・・・無制限のサービスを使いたかったら、相応の金銭を支払う

でしか解決しないと思う。

 

携帯電話網は、今や固定電話網より、よりパーソナルに近い通信インフラになったわけだから、「YouTube」とか「ニコ動」とかで通信がパンクするような状況を生み出さないバランス感覚は持てないものかなぁ・・・。