読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近の悩み。

本来こんな時間なのだから、さっさと寝ろ、という感じだが、
もやもやして眠れないので、とりあえず書いてみることにした。

それにしても久しぶりの日記である。
こういうところに、自分の不精っぷりが現れる。


このブログは、どうもリニューアルしてから、どうも「結婚」が
一つのキーワードになっているようである。
今回も、話題的には似たような話である。

間違っても誤解されては困るのだが、自分には未だに彼女はいない。
なので、話題は「彼女」だとか「結婚」だとかになるのだろうが、
全く当てのない話なので、ご心配なく・・・(ん?)



やはり、30歳ともなれば、両親から「結婚しろ」圧力がすさまじい。
とはいえ、周りに自分と付き合ってくれそうな女性がいないのだから、
どうしようもないのである。


さかのぼれば、中学・高校時代は男子校、それも中学当時はレアなハンドボール部、
高校当時はもっとレアなパソコンおたく。
就職先は、いわゆるIT系の会社だが、バリバリのインフラ運用の部門なので、
男性だらけの職場環境で、女性は皆無。
(いらっしゃるといえばいらっしゃるのですが、皆さんすでに家庭を持っていらっしゃる・・・)

というわけで、どこで女性と知り合うんじゃい、というくらい、
隔離された社会で生きているのである。
なんて話をすると、決まって親からは「婚活。婚活。」とおまじないのように
ささやかれるのだ。困った話である。


さて、実は題目に書いた最近の悩みというのは、実は「親からせっつかれること」ではない。
イマイチ「自分が好きな女性」像がはっきりしないのである。


好きな女性はいる。ただ、総じて特徴がバラバラである。

とはいえ、たいてい自分が好きになる女性は、
音楽が好きになった女性アーティストのような感じがするので、
そもそも遠い世界の存在である。

そして、その好きになった女性アーティストの共通項的な言葉をあげると
「やさしい(やさしそうな)女性」であるが、
逆に「やさしくない女性」にあまり巡り合ったことは無いので、
じゃあ、どんな女性が好きなんだ?という話になる。


ちなみに、自分が身近な女性の中で、「つきあってみたい」と思うほど
好意を持った女性は2名しかいない。
どちらにも、別に告白したわけではないので、単なる片思いである。

だが、少なくともどちらの女性にも共通する何か似ている要素があるか、と言われると無い。
もっと致命的なのは、どちらの女性も「なぜ好きになったのか」、
何に魅かれたのか、自分でもイマイチつかめないのである。

どんな女性がタイプですか、と聞かれて明確な答えがない自分には、
女性とお付き合いする、というのはなかなか難しい気がするのである。


ちなみに、好意を持った2名の女性が今どうされているのか・・・。
まったく把握していない。

例え他の男性とお付き合いしていようとも、結婚されていようとも、
ただの片思いであれば、いつまでも続けることが出来る。
まあ、ある意味自分にとって都合のいい解釈をして生きているだけなのだが・・・。

たぶん、こういう中途半端な生き方をしている限り、当分結婚は無い。


こんな自分に、どなたか救いの手を・・・(^^;)


# ちなみに、ただバレンタインが近いから、というだけで書いたネタ的記事です。念のため。