読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過剰な期待

昨今の通信規制問題や通信の最適化問題に共通するところの根本

 

通信キャリア・・・客にサービスを過剰によく見せようとしすぎ

客・・・自分に都合よく解釈しすぎ

なのかな、と思う。

 

たぶん無線通信の技術に詳しい人であれば、利用者全員が150Mbpsや300Mbpsやらで
使い放題することなんて、周波数帯域的にできないことなんて自明の理のはず。あくまで最大通信速度は通信規格上の理論値であって、それがバンバン出ることのほうが稀であることをもう少し周知できないもんかね。

使いすぎるユーザーに対して何らかの制裁処置がなければ、無線ネットワークが正常に機能しない。当然、どのように制裁をするかはキャリアの自由だが、自由にしすぎな感じは否めない。

一方、客も、無線ネットワークを過信しすぎ。そして資源は無限のものでお金を払えば自由に使えるんだ、的な妄想を抱きすぎ。そんなに高画質の動画を見たければ、相応の金額を払って無線周波数を食いつぶさない有線回線で通信すればいい。

 

たぶん最終結論は、

通信キャリア・・・規制をかけないサービスはできません、というギブアップ宣言をする。もしくは、無制限プラン月額5万円とかをつくる

客・・・無制限のサービスを使いたかったら、相応の金銭を支払う

でしか解決しないと思う。

 

携帯電話網は、今や固定電話網より、よりパーソナルに近い通信インフラになったわけだから、「YouTube」とか「ニコ動」とかで通信がパンクするような状況を生み出さないバランス感覚は持てないものかなぁ・・・。

 

 

そもそも論


規制緩和のせいなのか原因は知らないが、私立大学が多すぎ。少子化が進むんだったら、私立大学を合併統合して効率化・学費低減させろ。


・学費が高くて当然の議論をするのがおかしい。やるなら、国立大の存在意義を変えた方がいい。研究予算より就学支援を充実させるとか。(逆に、私立の研究を高度化させて、金持ちには私立に行ってもらうとか)


っていう、戯言。


周りに流されているのか、自分で流れを作っているのか

体が大きいと「何かスポーツでもされているんですか?」とよく言われる。
「中学では少しやってましたが、今は全然」が口癖。
そんな日常会話から、ふと考え始めたら止まらなくなったので、書き留めておこう。

よく考えたら、小さい頃は運動が大の苦手だった。
ラケットやバットにボールは当たらないし、体はでかいくせに足は遅い。

両親が「水泳」だけは習わせてくれたが、そもそも幼いころにX脚の矯正靴を
はいていたこともあって、あまり外で走り回って遊んでいた記憶がない。

球技は、本当にまるで駄目だった。
小学生のころ、何かのブームで周りが騒ぎはじめ無理やり引きずり出されて叩き込まれた。
逆にそれでドハマりして、なんとかそれなりにできるように自己流の練習を始め、
自分がハマったころには、皆は「もうそんなのどうでもいい」感じだった。

環境が変わって、好きな運動が好きなようできる環境になったころ、
やっぱり周りは運動以外にもやりたいことが増えてまとまらず、
皆が急激にまとまり始めた時には、自分が好きだったものとは
まるで違う雰囲気でついていけなかったのを覚えている。

基本苦手だった分、ただ体がでかいことを物理的に有利な方法で使うしか
能がなく、決して運動神経が高いわけではなかった。
なので、うまい人を見るたびに、こいつには勝てないと素直に認めてた。
だからこそ、できるやつが頑張りだした瞬間に、自分の熱が冷めたのかもしれない。

今となってはそれがトラウマになっているかもしれない。
当時、周りには「中途半端でやめた」「裏切った」とののしられた。
個人的には「お前らだって今まで他のことに脱線してただろ」
と言いたいところもあったが、周りから見える事実は自分でも客観的に
受け入れざるを得ず、心を痛めながら、また自分の好きな別の方向に舵を切った。

舵を切った方向が、そもそも当時としては悪かったのかもしれない。
「パソコン」「インターネット」というと、「オタク」扱いされた。
当時、教師が使っていたパソコンが「Windows 3.1」の時代だ。
学生用にある程度自由に使えるパソコンなんて、そもそも存在しない。
そういう時代なのだから致し方ない。

個人的には、当時オタク扱いした連中が、もしいまインターネットを使っているなら
正直、土下座をして謝ってほしいぐらいだが(いや冗談ですw)
今や、インターネットどころか当時のパソコンより数倍性能の高い
スマホ」を持っていることが当たり前になりつつあるのが、末恐ろしい。

2008年、社会人入りした時、「MVNO」という言葉がようやく世の中に生まれたころだった。
自分も「MVNO」という言葉に惹かれて、部署希望を出した覚えがある。
それが格安スマホブームになって大きく盛り上がったのが去年。実に6年。
一方、後から生まれたはずの「クラウド」という言葉は、あっという間に広がり
その言葉には自分はあまりついていけてない。
(これでも、「インターネット」という名のつく会社にいるのだから末恐ろしい)


結局のところ、これまでの自分は世の中の流れに流されてきたのだろうか。
それともB型の血で「我が道を行く」生き方で、やりたいように生き
その中で、多少なりとも流れを生み出す側に立てたのだろうか。

 

というのを、Facebookのタイムラインに流れたリンクを見て思いました。
http://himatub.net/1197

仕事納めを迎えて・・・

あえて誰も読んでいないだろうが、自分のためのメモとして書いておこうと思う。

 

今年はある意味では壮絶だった(まだ終わっていないので安心できる材料は何もないが)。

 

会社では入社以来お世話になっていた先輩が異動され人員の様相が変わり、今年度になってからは本来ありえないスピードで開発が入った。残業は増えるし、休みの日もぐったりして寝ている感じで、心が休まっている感じはあまりなかった。

 

一方、GARNET CROWの解散を始め、個人的な趣味でも残念な出来事があり、寂しい思いをすることが多く・・・。

 

極めつけが、父の大病。正直、今でも先が読めない状況が続いているのが苦しい。
仕事しながらでも気になって仕方なく、毎日実家に連絡を取るのが日課になってしまった。東京に出てきてもう13年目だが、これほどまで「福岡に住んでいたら・・・」と思ったことは無かった。

 

結果、もろもろのスケジュールが犠牲になり、ガクサイメンバーには相当顔を合わせていないし、職場の皆さんと行われる交流も数を減らさざるを得ない結果にはなってしまった。プライベートでライブに行っていたのをFacebookでいっぱい書いていたのは、結果的に一人で動きやすいスケジュールしか入れようがなかったので、ライブでストレス発散する以外になかったというだけ。もう少し心に余裕があれば、何でも出来たんだろうが。

 

目下の課題は、父の病状がどうなるかでしかない。会社でのサービスの実装が忙しいとかなんて代わりの人でどうにでもなるだろうし、どうにかしてくれって感じなのだが、親の病状を遠くから声を聞くことで確認することでしかできないのは、正直精神的にきつい。今年はなんとか耐えきったが、来年は大丈夫だろうか・・・。

 

年末は目いっぱい福岡の実家でゆっくり親孝行をします。

 

ま、たぶん「早く彼女連れてこい、それが親孝行っていうんだ」と言われて萎んで帰ってくるんでしょうが・・・。

シャイな自分

何かと人見知りでシャイなところが、自分の最大の欠点である。

ひとつ前の投稿で以下のようなことを書いた。

だが、少なくともどちらの女性にも共通する何か似ている要素があるか、と言われると無い。
もっと致命的なのは、どちらの女性も「なぜ好きになったのか」、
何に魅かれたのか、自分でもイマイチつかめないのである。


良く考えたら、好きになった女性に共通するところがあった。
間違いなく「人見知りしないひと、シャイなところがないひと」だ。

「自分にないものを求める」という、なんとまあ単純な人間なんだ。


ただ、「自分」というものをしっかり持って、しっかり自己表現できる人、
そして動じることなく、明るく振舞える女性は本当に輝いて見えるものだ。